手形交換システム

手形交換業務である持出・持帰を行うシステムです。

持出銀行別に振り分けられ、交換添票を自動作成します。
持帰現物より、引落データなど交換決済に関わる各種取引データ
(資金決済・印鑑照合)の作成が可能です。
パラメータ設定により、金融機関・支店の変更にも柔軟に対応可能です。

kinyu

各センターの規模(取扱い量等)により適切なアプリケーションをご用意しています。

ご使用になる業務のみの導入が可能です(持帰業務のみなど)。
カスタマイズ(決済データなど)項目などのご要望に柔軟に対応します。


店口番ソート、交換所分類等の汎用ソート機能を標準装備しています(※注1)
読み取り現物は一定期間イメージ保存され、いつでも検索できます(※注1)


(※注1)ソータ、リーダーの機種によります。

機能概要

  主な機能 備考



現物読取り処理 手形、小切手等の現物をソータで読み取り、交換決済データを作成します。

正否や読替等は読み取ったMICR情報より,各マスタに設定された内容により判別されます。
訂正・照会機能
各種照合リスト
交換添票・差引表
店口番ソート 交換決済の作成とは関係なく随時使用できる機能を提供します。
交換所・金融機関分類
金額・枚数カウンター
マスタメンテナンス
(パラメータ登録機能)
主なマスタ情報

・支店マスタ
・交換所加盟金融機関マスタ
・金融機関別MICRフォーマット情報
・金融機関・支店・交換所の統廃合情報





ン機
イメージエントリー処理 イメージを使用した、エントリ・ベリファイ方式の処理が行えます。
イメージ検索 読み取った画像の検索・照合が行えます。
引落データ作成 他システムとの連携が行えます。
資金決済等の伝送用データ作成
印鑑照合用連携データ作成
オフラインエンコード ※エンコーダ付機器必須

注意)特殊な業務の場合は標準機能のカスタマイズが必要になります。

機器構成例(地区センターシステムの例)

業務、処理量、等により最適な機器構成を選択できます。

kinyu